ぽんぽんブログ

日常の身近なことを発信する雑記ブログ

新婚生活で喧嘩にならない為に最初に決めておくべき5つのポイント

f:id:ponponyukako:20200519223552j:plain

皆さん。

こんにちは。
初心者ブロガーのぽんぽんです。
 
僕が入籍をしてから、1年が経ちました。
結婚すると必ずパートナーと喧嘩したりすることが出てきますよね。
我が家も最初は大変でした…
 
今回は実際に1年間過ごしてわかった
新婚生活で相手と喧嘩しない為に
決めておくべきポイントをご紹介します。
(※子供はいません)
 
今回は
・結婚したばかりで喧嘩しない様にしたい
・同棲を最近始めた
という方にオススメです。

①家事の分担を決める

f:id:ponponyukako:20200519223716j:plain

共働きの場合は、特に大切になってきます。
家事ってどちらかと言うと面倒だと思っている方が多いのではないでしょうか?
(中には大好きだよ!っていうありがた〜い人もいるでしょうが)
・料理
・洗濯
・掃除
などがありますが、個人的な意見としては
上記の3つ全てやりましょう。
・料理をするから洗濯はしない
・洗濯をするから掃除はしない
というのはあまりオススメしません。
理由は、頻度が違うからです。
掃除って毎日はしないですよね。
でも料理って毎日です。
しかも3食です。
なので我が家は2人で半分ずつを担当しています。
洗濯物の畳みかたや掃除のやり方などでも喧嘩になることがあるのであらかじめ話し合っておきましょう。
ちなみにゴミ出しだけは成り行きで僕専任です。(それぐらいは、ササっと出しちゃいましょう)
家事をしていて感じるのは1人暮らしの経験が活きてるという点です。
1人暮らしをしたことない方は、結婚や同棲をする前にしてみてはどうでしょうか?
 

②毎月の固定費やお小遣いの金額を決める

f:id:ponponyukako:20200519223818j:plain

月々にかかる出費も決めておかないといけません。
共働きの場合、お互いの稼ぎによって変わってくると思います。
ざっくりですが、我が家は
・家賃
・光熱費
は僕が払っており
・食費
・月々の積み立て貯金
は妻のお給料からです。
お小遣いは2人とも3万円です。
これが多いのか少ないのかは分かりませんが決められた金額でやりくりする意識を持てば苦になりません。
むしろ、使い過ぎる傾向のある僕にとって
3万円はちょうどいい額です。
クレカを使うときは大きな買い物をする時だけなので、そうゆうときは妻に確認を取ってから使うようにしています。
あとはボーナスはどのように使うかや借金はしないなどの話し合いもしておくと良いでしょう。
 

③相手のスケジュールを把握する

f:id:ponponyukako:20200519224010j:plain

必要以上に干渉することはいけませんが、
ある程度の把握しておくことは大切です。
結婚後しばらくしてからスケジュール管理するよりも、お互い同意のもと早めに把握することをオススメします。
我が家はこれで何回か揉めました。
僕はあらかじめ予定を聞き、携帯にメモしています。
もちろん、こちらの予定も全て伝えています。
ここに関しては、隠し事がないようにしていきたいですね。
時期によっては、会社などの飲み会があったりするので「門限」や「お店の住所を伝える」などの飲み会用ルールを作りました。
 

④休みの日の過ごし方を合わせる

f:id:ponponyukako:20200519224211j:plain

共働きでも休日の予定が合うなら、お互いのやりたいことを交互に確保しましょう。
どちらか一方の意見ばかりでは合わせているほうも不満がたまります。
せっかくの休日にストレスが発散できるように上手く相手に合わせましょう。
 

⑤喧嘩をしてしまってもその日のうちに仲直りする

f:id:ponponyukako:20200519224114j:plain

ルールを決めてもやはり人間。
喧嘩になる時はなります。笑
ただし、翌日に持ち越してしまうと目覚めも悪く朝から重たい空気が流れてしまいます。
その日の喧嘩はその日の内に済ませましょう。
しっかりと話し合うことで次に活かすことができます。
時間が解決してくれると言って中途半端に終わってはいけません。
これから先ずっと支え合って行くパートナーです。
お互いが納得できる答えを見つけましょう。
 
 
以上が一緒に暮らし始めてから早めに決めておくべきポイントです。
実際にはもっと細かいルールもあったりしますが、ざっくりと大事な5つをご紹介しました。
 

ルールをたくさん作り過ぎないこともポイント

ルールが多すぎることも自由を奪ってしまう原因になるので注意が必要です。
相手のことを考え尊重しながら、2人が生活しやすいようにバランスを意識しましょう。
 
これから一緒に暮らし始める方は、ぜひ参考にしてみてください。